ホーム 財務情報 アジアドルトークン取引プラットフォーム アジアドル記念銀 アジアドルACU TACUアジア交流 TACUアジア取引所 Yayuanブロックチェーン ビジネス ニュース 文化旅団

レノボが「3大格付け会社」から高い投資適格格付けを取得

10-19 HAIXUNPRESS

1.png

(HAIXUNPRESS) -- 世界の3大格付け会社による厳密な評価の結果、レノボ・グループ(HKSE: 992、Pink Sheets: LNVGY)は最初の信用格付けの取得に際して高い投資適格格付けを得ました。ムーディーズはレノボの格付けを「Baa3」、見通しを安定的、スタンダード&プアーズはレノボの格付けを「BBB-」、見通しを安定的、フィッチはレノボの格付けを「BBB-」、見通しをポジティブとしました。


これらの格付けは、レノボの市場のリーダー的存在、持続可能な成長と見通し、健全な財務ファンダメンタルズを評価したものです。各格付け会社は、引き続きレノボが売り上げの規模と幅を拡大させると同時に収益性とPC市場のリーダーとしての基盤を維持し、資本支出と投資に対して慎重なアプローチを取り続けるとの見方を強調しました。

ムーディーズによると、この格付けは、長い歴史に加えて、既存事業と買収を通じた成長という実績を誇る主要なPCメーカーとしての当社の地位と、分散化されてバランスのとれた地理的な基盤、優れた財務流動性を反映したものです。

スタンダード&プアーズによる格付けは、当社のPC市場における強力な基盤、優れたサプライチェーン管理、最終需要と製造拠点の両面での地理的な分散度、調整後負債比率が比較的低いことを反映しています。

フィッチによる格付けは、レノボが着実に収益性を向上させつつ今後も世界のPC業界で市場リーダーの地位を堅持し、世界のサーバー市場での基盤を一段と拡大させ、安定的なソフトウエアおよびサービス収入を確保するとともに、プラスのフリー・キャッシュフローの創出を継続し、余剰キャッシュを債務返済に充てる方針を維持するとの見方を反映しています。

レノボの最高財務責任者のワイミン・ウォンは、次のように述べています。「このような高い格付けは、持続可能な長期的成長を実現してきた当社の実績を反映しています。こうした成長モメンタムを、中核事業ならびに当社のサービス主導の『インテリジェントな変革』によりもたらされる新たなサービスやソリューションの市場機会を通じて維持していく所存です。」

レノボについて

レノボ(HKSE:992)(ADR :LNVGY)は、フォーチュン・グローバル500社に選ばれている売上高500億米ドルの企業であり、6万3000人の従業員を擁し、世界の180市場で事業を展開しています。すべての人によりスマートな技術を提供するという大胆なビジョンに基づき、当社は、より包摂的で信頼できる持続可能なデジタル社会を構築する世界を変える技術を開発しています。当社は、世界で最も完全なスマートデバイスとインフラストラクチャーのポートフォリオを考案、設計、構築することで、インテリジェント・トランスフォーメーションを推進し、世界の数百万人のお客さまにより良い体験と機会を生み出しています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

海外メディアマーケティング:https://easybase.cc

ソフト文プロモーション:https://haixunpr.org/

中国のニュースリリース:https://haixunpr.com/



免責事項:この記事は他のメディアから複製されています。転載の目的は、より多くの情報を伝えることです。このウェブサイトがその見解に同意し、その信頼性に責任があることを意味するものではなく、法的責任を負いません。 このサイトのすべてのリソースはインターネット上で収集されます共有の目的は、すべての人の学習と参照のみです。著作権または知的財産権の侵害がある場合は、メッセージを残してください。