ホーム 財務情報 アジアドルトークン取引プラットフォーム アジアドル記念銀 アジアドルACU TACUアジア交流 TACUアジア取引所 Yayuanブロックチェーン ビジネス ニュース 文化旅団

冠科生物技術株式会社(Crown Bioscience)は中国の中山市にアジア太平洋地域での容量を高めるために新しい施設を設立した

10-27 HAIXUNPRESS

CrownBio_Zhonghan_Site_Opening.jpg

CrownBio's New Zhongshan, China Facility

--(HAIXUNPRESS)-- Crown Bioscience(以下Crown Bio)は本日、日々増加する顧客のニーズに対応するために、中国の中山市に新たな腫瘍学研究センターを開設することを発表した。

Crown Bioは米国とヨーロッパに分布している4つの施設の他、現在アジア太平洋地域での業務範囲は北京、太倉、蘇州にある3つの施設と台湾にある1つ施設が含まれている。今回の新しい施設が一旦完成すると、2000平方メートルを超える新しい生活空間を増加させ、会社内の腫瘍プラットフォームをサポートし、日々増加するニーズを満たすことに役立てる。

Crown Bioの世界をリードする製品とサービスは、APAC、北米、ヨーロッパの製薬およびバイオテクノロジーの顧客ににサービスを提供し、彼らの薬物開発プロジェクトを加速させる同時にリスクをも軽減させる。Crown Bioの顧客基盤の大幅かつ継続的な増加に伴い、中山施設は絶えずに拡大する研究ニーズを満たすために建設された。

この研究および薬物開発施設にはBSL-2研究室を備えることを特色とし、最先端のABSL-2ビバリウムを含む。初期段階では細胞株由来異種移植モデル(CDXモデル)の利用可能性の拡大とスループットの研究に焦点を当てるが、先端技術の増加と発展に伴い、腫瘍学モデルの変換が可能になる。2021年初頭に全面的に運営を開始する予定である。

Crown Bio の最高執行責任者であるJohn Gu氏は、以下のようにおっしゃった。「新しい中山施設の設立は、弊社がお客様に対する持続的な承諾を表明しています。お客様に継続的かつ迅速な研究開始と強力なコストパフォーマンスを提供し続きます。私たちの発展を通じてお客様のより速く、より効果的な抗がん剤開発目標を達するためにより十分にサポートしていきます。」

2020年10月30日に開会式とリボンカットセレモニーが行われる。

冠科生物技術株式会社(Crown Bioscience)について.

JSRライフサイエンス企業であるCrown Bioscienceは、腫瘍学、炎症、代謝性疾患の研究を進めるための翻訳プラットフォームを提供するグローバルな創薬および開発サービス企業である。 Crown Bioは広範な関連モデルと予測ツールの組み合わせにより、お客様に優れた臨床候補薬を提供することができる。

海外メディアマーケティング:https://easybase.cc

ソフト文プロモーション:https://haixunpr.org/

中国のニュースリリース:https://haixunpr.com/



免責事項:この記事は他のメディアから複製されています。転載の目的は、より多くの情報を伝えることです。このウェブサイトがその見解に同意し、その信頼性に責任があることを意味するものではなく、法的責任を負いません。 このサイトのすべてのリソースはインターネット上で収集されます共有の目的は、すべての人の学習と参照のみです。著作権または知的財産権の侵害がある場合は、メッセージを残してください。